クレジットカードで少しリッチな生活を!

クレジットカードはどんな仕組みなのか

クレジットカードは後払いの決済方法であり、決済時にはカード会社が一時的に立て替えており、カード会社が定める支払日に請求額をカード会社へ支払います。

利用できる場所は、カードに印字されている国際ブランドの加盟店で利用することができ、基本的には国内外問わず利用できます。

ここまでは前のページでも説明しました。
では次に他のキャッシュレス決済にはない特徴をみてみましょう。

発行前に審査がある

クレジットカードは一時的にカード会社が利用金額を立て替えるために、誰にでも発行しているわけではありません。申し込み条件はクレジットカードにもよりますが、一般的には高校生を除いた18歳以上であること、安定した収入があることです。

申し込みの際には、カード会社が要求する個人情報や所得証明書などを提出する必要があります。さらに、信用情報機関によってまとめられた過去や現在の金融事故などの情報データである信用情報も確認します。カード会社はこれらを基に、発行が可能か審査を行います。審査の際には、場合によっては勤め先に在籍確認を取ることもあると言われています。

利用できる金額の上限

クレジットカードでは、利用できる金額の上限のことを限度額と言います。 申込時に希望額を伝えることもできますが、審査の際に申告された収入などの情報によって設定され、発行時には希望額以下の金額が設定されることもがよくあります。
しかし、しばらくの間利用し続け、利用実績を積み重ねることにより、カード会社より限度額の上限引き上げの知らせが届くこともあります。

分割払いの仕組み

分割払いはあらかじめ定められた支払回数から希望の支払回数を選択し、その回数に分けて支払い続ける便利な支払い方法です。
クレジットカードにおいて一括払いの場合には特に手数料は発生しませんが、分割払いを利用した場合には分割手数料が発生します。手数料は支払い回数が増えるほど手数料も増えるため、手数料を節約したい場合には支払回数を可能な限り少なくする必要があります。

また、分割払いにはリボ払いという支払い方法もあります。
リボ払いはカード会社への支払金額を一定できる支払い方法です。分割払い以上に月々の負担を減らすことができたり、支払金額の管理がしやすいというメリットがありますが、支払回数が多い、つまり月々の返済額が少なくなるほど、月々に返済できる元金が少なくなるため、最終的な手数料が多くなってしまうというデメリットもあります。
また、リボ払いには、繰り上げ返済という仕組みがあり、自分の都合で多くの金額を余分に返済することができ、最終的な手数料の総額を減らすこともできます。

カード会社の請求に支払えなかった場合

カード会社が立替えてくれた金額はカード会社の請求に支払う義務がありますが、もし万が一支払いが送れてしまった場合には、遅延損害金という手数料が発生します。
遅延損害金は非常に高い利率が設定されており、原則遅延1日目から発生し、遅延分を完済するまで発生しつづけるため、支払いができなくなるくらいの買い物は決してしないようにしましょう。
また、延滞が発生した時点でカードの利用が停止になる可能性が極めて高く、さらにその翌月にも支払えなかった場合には、強制解約になることがあります。
強制解約になった場合には、未払い分全額に対し一括請求が発生します。

カードの有効期限

クレジットカードには有効期限が存在し、新しいカードに交換する必要があります。
有効期限が間近になると、カード会社から新しいカードが届きますが、カードを交換することで、新しい仕様のカードを所有者に利用してもらうことができるなど、カードのセキュリティ向上などに役立っています。

クレジットカードの仕組みについて他のキャッシュレス決済とは異なる部分についてまとめてみました。
現金要らずでカード一枚で支払いができてしまうので、金銭感覚がなくなり使いすぎてしまい破産するなどとも言われていましたが、要は本人の使い方次第です。
使い方を間違えなければ他のキャッシュレス決済よりも多くの得を得ることができます。

クレジットカードのセキュリティコードの番号とは
クレジットカードにはセキュリティコードというものがあるのをご存知ですか?セキュリティコードの確認方法や役割などを解説中!

クレジットカードのポイント・特典でお得生活-クレカ比較のすすめ
キャッシュレス体験!クレジットカードでお得生活

TOP